Ill Flos 開発日記



今日は特にこれといった話題が無かったので、過去に遡ってこんなツイートをご紹介。
これは製作中であります、ツクールVXAce製の長編RPG「Ill Flos」の戦闘デモ動画です。
ツイートではあんまり長文は打てなかったので、少し詳しく解説してみようかと思います。

まず、このデモはIll Flosの戦闘のミソであります、タイム型スキルについてのデモです。
タイム型スキルは一度発動すると、継続的に効果を発揮し続ける特殊なスキルです。
タイム型スキルを使用すると画面右下にある三つのフレームの一つに継続効果が格納されます。
ここにはスキルの種類を示すアイコン、残り発動回数、次の発動までのターン数が表示され、
フレームの色によってそれが敵の効果なのか、味方の効果なのかが判断できるようになっています。

デモでは最初に二人がタイム型スキルを使用して継続効果をフレームに書き込み、
その後で敵が最後のフレームに継続効果を書き込んでいます。
動画を見ると分かるとおり、効果は右から順に埋まっていきます。

次に、フレームに対して効果を与える特殊なスキル「スタガースキル」を使用し、
フレームに格納された効果を一つ左にシフトすることで、敵の継続効果を消滅させています。
こうすることで敵の継続効果を打ち消し、ダメージを軽減することができますし、
空いたフレームに新たな継続効果を書き込むことも可能になります。
(ただし、同じスキルの効果は同時に二つ以上存在することはできません。)

次にもまたフレームに対して効果を与える特殊スキルなのですが、
こちらは「エフィシエント」といい、効果が発動するターンを1ターン早めるスキルです。
これを使用することでカウントが進み、効果の発動を早めることができます。
これは敵の継続効果についても同様に早めてしまうので、注意が必要ですね。
この動画の場合はこのスキルのお陰で、そのターンのうちに二つとも効果を発動させられました。

、というのがこのデモの解説になります。
他にも、敵側は特殊スキルでも影響を与えることのできない特殊なフレームに変化させたうえで
継続効果を書き込んできたり、或いは継続効果の状況によって行動パターンが変化したり、
といったように色々な戦闘の状況を左右するシステムになっています。
特にボス戦では積極的にこれを意識しないとキツい!って感じに調整できればいいなあ。

ちなみに、このシステムのアイデアの元はマナケミアシリーズのスキルです。
タイムカードをバラ撒く系のスキルですね。
普通にコマンド選択だけで殴りあう以上に敵も味方も手数が増しますから、
戦闘のわちゃわちゃ感がすごくよく出て面白いんですよね。
あ、マナケミアの戦闘を意識した黄昏シリーズの戦闘も面白かったですね。

このシステムはほとんどイベントだけで実装していますので、
バグがわんさか見つかるのではという懸念もあるんですが...
頑張って完成させたいです!

この記事へのコメント